グリーンネイル(爪の緑膿菌)自宅での治し方

グリーンネイル治療法

ネイルの楽しさを覚えてしまうと、グリーンネイルでネイルができないととても残念ですよね。

でも、グリーンネイルってどうやって治せばいいのかなって、とても分かりづらいくないですか?

私もいろいろ調べたり試したりして、やっとグリーンネイルを早く治す方法がわかったので、シェアしてみたいと思います!

グリーンネイルとは?原因について

グリーンネイル原因

アクリルネイルを使ったり、ジェルネイルを使うことによってよく起こる現象です。

緑膿菌という細菌の繁殖により起こります。

スカルプチュア、アクリルネイルや、ジェルネイルと爪の間に、圧力や時間の経過等によってかすかな隙間が出来ます。

この隙間に入浴などによって水分が入り込むと、グリーンネイルの原因菌である緑膿菌の格好のすみかになってしまいます。

グリーンネイル原因菌 緑膿菌とは?

緑膿菌は、土の中、海水、淡水など何処にでもいる常在菌の1つで、真正細菌(細菌、バクテリア)の1種です。

グリーンネイルの緑膿菌は、増殖すると緑色に発色するのでカビっぽいですが、カビは真菌類なのでグリーンネイルの緑膿菌とカビは別の種類です。

栄養分が少なくても適正温度37℃前後であれば増殖しやすい細菌で、増殖する時に魚の腐ったような臭い(トリメチルアミン)を発生させるのが特徴です。

グリーンネイルの完治までの治療期間と爪の生え変わり期間

グリーンネイル治療期間
グリーンネイルの完治までの治療期間は、当然ですが症状の重さによって前後します。

そして、一番関係性が高いのが、爪が伸びる速度です!

グリーンネイルの治療期間は、変色が起きている部分が生え変わるまでの期間が基準となります。

爪が伸びる速度は、1ヶ月あたり

  • 手の爪で3~4ミリ
  • 足の爪で1.5~2ミリ

・・・ほどと言われていますので、もし爪の根元部分に変色が起きている場合には、

  • 手の爪で3~6ヶ月
  • 足の爪で6ヶ月~1年

・・・ほどの治療期間が必要になります。

グリーンネイル治療法

グリーンネイル治療法

グリーンネイルの治し方には、

  1. 皮膚科(病院)で治療
  2. 自分で薬を使って治療

・・・する方法があります。

それぞれについて見ていきましょう!

皮膚科(病院)でグリーンネイルを治療

グリーンネイル皮膚科治療

皮膚科にグリーンネイルの治療に行くと、飲み薬や塗り薬が処方されます。

塗り薬は、緑膿菌に効果のあるゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質を有効成分とするゲンタマイシンが使用されます。

また、進行してしまったグリーンネイルに対しては、爪水虫と同じ飲み薬が処方されます。

ただ、皮膚科のお医者さんでもグリーンネイル?・・・ということもあるようで、あまり詳しくない方も多いようです。

自分で薬を使ってグリーンネイルを治療

グリーンネイル塗り薬

グリーンネイルを自宅で治す方法には、大きく分けて2種類の方法があります。

①飲み薬で治す

飲み薬でグリーンネイルを自分で治す方もいますが、副作用が強い為あまりおすすめできません。

>>>飲み薬の副作用や購入方法の詳細

②塗り薬で治す

グリーンネイルになってしまった場合、飲み薬は市販されていません。(医師の処方が必要です。)

つまり、グリーンネイルを自宅でなおす市販薬は塗り薬という選択肢しかありません!

グリーンネイルは水虫と同じく、見た目には大した事はないように見えても実は菌が爪の内部に侵入してしまっていることがよくあります!

できることならば、浸透力の高い専用ジェルでしっかり治すことをオススメします。

通販のものが浸透力が高いのでおすすめです!!

グリーンネイル(爪の緑膿菌)市販の塗り薬おすすめランキング

通販で評価の高いおすすめの塗り薬をランキング形式で紹介します。

1位 クリアネイルショット

①飲み薬と違って副作用がない

②新しい技術
爪の表面には水分を弾く親油性の膜があり、塗り薬の有効成分が入りづらいのですが、クリアネイルショットは、有効成分をオイルで包むことにより、爪の奥まで有効成分が浸透します。

③進行したグリーンネイルにも有効

 価格  有効成分  おすすめ度
 3403円(税込、送料込)  竹酢液
テルピネン-4-オール
α-テルピネオール
シトラール、
シトロネラール
 内容量  返金保証  1日の使用回数
 7g(約1ヶ月分)  25日間  1回

 

クリアネイルショット

 

2位 ドルマイシン
グリーンネイル市販薬

①飲み薬と違って副作用がない
②緑膿菌に効果のある抗生物質2種類を配合

爪に有効成分を浸透させる効果は弱いので進行したグリーンネイルにはオススメできませんが、初期の爪表面のグリーンネイルに効果が期待できます!

 価格  有効成分  おすすめ度
 600円~1000円 コリスチン硫酸塩
バシトラシン
 内容量  返金保証  1日の使用回数
 12g なし  2~3回

ドルマイシン軟膏

 

3位 テラマイシン
グリーンネイル市販薬

①飲み薬と違って副作用がない
②緑膿菌に効果のある抗生物質2種類を配合

爪に有効成分を浸透させる効果は弱いので進行したグリーンネイルにはオススメできませんが、初期の爪表面のグリーンネイルに効果が期待できます!

 価格  有効成分  おすすめ度
 400円~1000円 オキシテトラサイクリン塩酸塩
ポリミキシンB硫酸塩
 内容量  返金保証  1日の使用回数
 6g なし  2~3回

テラマイシン

進行したグリーンネイルのケアで迷ったらクリアネイルショット!

クリアネイルショットの有効成分は、竹酢液・ティーツリーオイル・レモンセントティーツリー(レプトスペルムムペテルソニ)オイルから抽出された成分です。

これらの成分は、グリーンネイルの原因菌である緑膿菌やカンジダ菌に対して高い抗菌力を示します。

竹酢液 殺菌、消臭効果に優れています。
テルピネン-4-オール 緑膿菌、カンジダ菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌に対して高い抗菌力
シトラール 大腸菌、黄色ブドウ球菌に特に強い抗菌力。
緑膿菌、カンジダ菌にも強い抗菌力。
シトロネラール 大腸菌、黄色ブドウ球菌に特に強い抗菌力。
緑膿菌、カンジダ菌にも強い抗菌力。
α-テルピネオール 抗炎症作用、抗アレルギー作用

ただし、せっかくの有効成分もそのままでは、グリーンネイルに対して効果はありません。


クリアネイルショットは、爪の油になじみやすいと親油性の特徴を利用して、有効成分を油の膜で包見込み浸透させる技術を開発!

有効成分を爪の奥まで届けます。

 

クリアネイルショット

グリーンネイルの初期症状は?

グリーンネイル初期画像
グリーンネイルの初期症状は、爪の表面が何となく茶色っぽいまたは黄色いな?

・・・という感じです。

しかし、進行すると爪の色が緑色になってしまい本当のグリーンネイルになってしまいます。

軽度のグリーンネイル伸びたら治る?放置しても自然治癒する?

グリーンネイル軽度

軽度のグリーンネイルは、爪が伸びれば自然治癒します。

水仕事などしない人は爪を乾燥させるようにしていれば、グリーンネイルが進行する心配はそれほど高くないと言えます。

ただし、水仕事をする人は進行を止めるために寝る前などの塗り薬の使用をオススメします。

グリーンネイルを人に見られたくないといって爪の上にコーティングをしてしまうと、グリーンネイルを進行させる要因となってしまいます。

グリーンネイルでもマニキュアやジェルネイルの施術はできる?

グリーンネイルマニキュア

緑膿菌は嫌気性細菌なのでマニュキアをして空気を遮断してしまえば大丈夫という意見もありますが、あまりおすすめしません。

・・・というのも、グリーンネイルは無酸素状態では生きられない緑膿菌だけに感染しているとは限らないからです。

爪カンジダや爪白癬といったカビの一種の感染が併発している可能性が高いので、完治してからの施術をオススメします。

ネイルサロンの中には、とりあえずお金になるからと施術してしまうところがあります。

しかし、そのようなサロンはグリーンネイルの怖さを分かっていないサロンです。

当然、そのようなサロンは本来するべきファイルや道具の消毒がきちんとされていないことが多いです。

また、お客のことを考えていないサロンということもできるので、利用を控えた方が良さそうです。

グリーンネイルの状態で施術すると、確実にグリーンネイルは悪化します。

グリーンネイルを早く治すには?


グリーンネイルを治すには、薬を飲んだり・薬を塗ることも効果的です。

ただ、一度グリーンネイルにかかってしまった部分の爪自体は回復することはありません。そして、グリーンネイルになってしまった爪をジェルネイルなどでコーティングしてしまうと、悪化のリスクがあります。

つまり、グリーンネイルを根本的に治すには、爪を早く伸ばしてしまうことが効果的です。

爪を早く伸ばすには、爪をつくる成分を摂取することが効果的です。

食事から摂取しても良いのですが、爪を早く伸ばすには食事から摂取するのは大変なので、手軽なサプリがおすすめです。

(サプリが嫌いという方も、爪を早く伸ばすことができる成分についてまとめているので、ぜひ参考にして下さい♪)

>>>爪を早く伸ばす方法♪