飲み薬副作用

グリーンネイル飲み薬 副作用 

13

グリーンネイルが重度に進行してしまった場合には、抗真菌剤と呼ばれる
飲み薬が処方されます。

処方される飲み薬には、主に2種類あります。

①ラミシール(有効成分:テルビナフィン)
・毎日飲むタイプの飲み薬。
・治るまでに大体3~6ヶ月ほどかかります。
・血液検査が必要。 (副作用に、血液障害、肝機能障害が多いため)
併用してはいけない飲み薬はない。

主な副作用・・・・・・発疹、蕁麻疹、吐き気、下痢
稀に起こる副作用・・・血液障害、肝機能障害

      ⇒ラミシール安心通販はコチラ

②イトリゾール(有効成分:イトラコナゾール)
・1週間毎日飲んだ後、3週間飲むのを止める、のサイクルを3回。
・血液検査をしたほうが良い。
併用してはいけない飲み薬が多い。
・食後直ぐに飲む必要がある。

主な副作用、まれに起こる副作用共に、ラミシールとほぼ同じ。
ただし、副作用の起こる確率はイトリゾールの方が少ないと言われています。

⇒イトリゾール安心通販はコチラ

2つの飲み薬にどちらが効果があるかなどの違いは明確には分かっていませんが、
血液検査の必要性、併用薬の有無等によってどちらの飲み薬にするか決められます。
どちらにも、一長一短があります。

また、グリーンネイルは原因菌の緑膿菌に先行してカンジダ菌の感染も指摘されており、
その意味でイトリゾールの方がよりグリーンネイルに対しては有効であるとの見方もあります。

2つの飲み薬には副作用も多いです。
個人で使用する場合には、薬の副作用をしっかり把握して使用するようにしましょう。

飲み薬を飲んでも爪が早く綺麗になるわけではない?

飲み薬は、あくまでグリーンネイルの原因菌を殺すことが目的です。
菌が飲み薬で死んだとしても、爪は新しい爪が伸びてくるまで綺麗になるわけではありません。

飲み薬を飲んでも、塗り薬を使ってもグリーンネイルが進行してしまった場合には、
3~6ヶ月の期間が必要になってきます。

副作用が心配な場合には、塗り薬を使い完治を目指すのがおすすめです。

 

⇒おすすめの塗り薬はコチラ